So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「十字砲火」(エドワード・ドミトリク) [感想]

映画を見るなら、DVDである。画面が鮮明だ。

今の映画館は大音響で高齢者にはキツイ。映画は観るものではなく、体験するものになった。

それにずっと見ていられない。途中休憩がほしい。40分ぐらいで、休みたい。映画館ではそれは不可能だが、家でDVDを見る分には自分の好きなように休める。

いつの間にか、DVDオンリーになってしまったね。5G時代になれば、ダウンロードするようになる。CDにせよ、DVDにせよ、骨董品になる可能性が高い。収納スペースが不必要になるから歓迎だ。


DVDで「十字砲火」を見る。1947年の作品。つまり、72年前の映画だ。

監督は、エドワード・ドミトリクで、このあと、赤狩り時代に仲間を売ったことで裏切り者と呼ばれた。エリア・カザンと同じである。

この映画は人種差別問題をテーマにしている点で重要である。ユダヤ人差別を俎上に乗せている。

被害者はユダヤ人であるということだけで殺されてしまう。

しかし、ユダヤ人ばかりではなく、アイルランド人も人種憎悪殺人の対象になった時代もあったらしい。ロバート・ヤングの警部がいっている。ローマ(カトリック)のスパイと疑われたのだ。

今回見ていて、別なことに気がついた。この映画は復員兵の心理も重要なテーマである。

戦時中は明確な目的があった。敵を倒すことである。その最大の目的が失われた。宙ぶらりんになったような不安感、元の生活にきちんと戻れるかという不安感が復員兵にはあったらしい。

(日本の戦後映画で復員兵の心理を描いたものがあったのか、私は思い出せない。)

いくつかのこと。

映画は夜に始まり、夜に終わる。昼間の場面がない。一晩の出来事を描いた。

出演者はタバコを大量に吸っている。タバコを吸うのが当たり前だった。それが今では正反対だね。価値観が逆さまになった。

この映画には黒人が出てこない。当時のハリウッド映画の常識だった。ユダヤ人差別は描けても黒人差別はまだ問題視されていなかった。


この映画の結末は強引だが、昔のハリウッド映画は乱暴な終わらせ方をするものが多かった。だから、90分程度にまとめることができた。

サスペンス映画としても上出来で一見の価値がある。「サスペンス映画コレクション」に収められているものを見た。廉価版だが画像は鮮明だ。

人種差別がなくなることがあるだろうか? こういうことは年齢によって見方が異なる。若いときは、差別をなくせると思う。老いると、なくせないと思うようになる。

いったん植え付けられた偏見は、何百年と続く。50年、100年で解消されるものではない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

富士出版 「赤襦袢 しのび肌」 [感想]

先日、知人が入居しているシニア施設に行った。その時、どこか見覚えがある顔に出会った。

施設の職員だったと思う。介護士なのか社会福祉士なのか事務員なのかは分からない。

それはそれで、すぐ忘れた。何しろ、すぐ忘れる。関心が持続しない。で、あとでひょんなことで思い出すのだ。

あの女性は、この写真集のモデルではなかったか? 

富士出版の「赤襦袢 しのび肌」はヘアヌード写真集だが、人妻熟女写真集ではない。平成8年出版だから23年前だ。1996年だ。

モデルはプロだろう。5人とも、どこか見覚えのある顔である。モデルの名前も全然出ていない。人妻写真集になると、仮名とは言え、モデルの名前とカメラマンの感想が書かれているから、それ以前の写真集である。

プロのモデルをしていた人が、いまや福祉関係の仕事に就いているのか? 年齢的には五十路になっているだろうから合致する。

富士出版の写真集のモデルをした人たちの”その後”が気になるね。最近ではリバイバルで週刊誌などに掲載されているので、私生活の妨げにならないのかと気になる。

「赤襦袢 しのび肌」は名前から想像できるように、日本的エロチシズムを求めたものだ。赤襦袢、和服姿の官能美を追求している。外国人向けだったのかもしれない。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みおり舞 ヴィジュアル・ヌード・ポーズ・ブック [感想]

バレリーナのヌードを見たい人は必見である。男なら、バレリーナの裸がどんなものか、見たくなる。

みおり舞はプロのバレエダンサーである。日本バレエコンクールで第7位に入賞した実績がある。バレエを齧ったという程度ではない。

それが、借金がかさんでAV界に転身、その後ストリッパーになった。自分は、川崎ロック座でみおり舞が「ボレロ」を踊るのを見た。

最初はAV女優だったが、人気が出なかったのではないかな。体は柔らかいが、乳房は小さい。セクシーさが足りない。

ダンサーの身体は、ステージの近くで見ると、体の線は引き締まっているが、筋肉の塊である。ふっくらとした体系とは遠いわけで、好みは分れるところだ。

このみおり舞のヌード・ポーズ・ブックを見るとスタイルは抜群で、体は引き締まっている。若かりし頃の由美かおるのヌードを思い出した。

つま先立ちの脚上げポーズもふんだんにあるが、美しいとは思っても、官能性は感じなかった。嫌らしさがない。もちろん局部は修正してある。実物を見たかったら、ストリップ劇場へ見に行くべし。

ステージ歴を見ると、川崎ロック座と浅草ロック座の出演が多い。局部がどうだったか?綺麗だと思ったが。今度行くときはポラロイドで撮るね。

バレエで妄想した経験のある人はどうぞ。



nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

川崎ロック座 続き みおり舞 [感想]

8:55 2018/03/16

川崎ロック座に入場してまず驚いたのは、女性がいることだった。若い女性だよ。最初に見たとき、いる理由が分からなかった。踊り子の出番待ちにしては普通の格好だからおかしい。

女性は4人いた。写真撮影の時、踊り子嬢に何か話しかけていた。この女性はナンなんだろうか。

劇場を出るとき、もぎりの小母さんにきいた。普通の観客だそうだ。女性は割引があるという。
女もストリップを見るようになったのかね。外国じゃ、男性ストリップがある。これなら、分かるが。

若い女性が女性ストリッパーを見て、何が面白いのか。訳が分からん。時代の変化だね。

あと、驚いたこと。踊りの質の変化だね。上手になった。

昔は、前半は下手な踊りをして、そのあと脱いで見せてオシマイだったが、踊りの質が高くなった。素人じゃできない。

最初に見た踊り子はディスコ系の曲だったが、ダイナミックで全力投球だ。汗びっしょりだったね。うまかった。

そのあとに吊り技の踊り子が出てきた。長い布をハンモック状に吊り下げて、そこで演技した。その間、ステージに下りることがなかったから、これはかなり体力がいる。ある面、危険でもある。サーカスを見ているような気になった。もちろん下半身はむき出しだった。上半身は覆われていた。あとで写真撮影の時に見たが、貧乳だった。普通なら、ストリッパーとしてはどうかと思うが、パフォーマンスで魅せる。

こうなると、ストリップというより、ショーだね。

次のダンサーは「ボレロ」を踊った。ストリップ・ダンスではないよ。バレエだよ。脚と腕の伸びも素晴らしい。姿勢も安定していた。全裸で片脚を頭まで持ち上げていたが、姿勢が揺るがない。これは美しかった。卑猥感がない。

翌日、アマゾンで本を探していたら、偶然に写真集に出会った。名前はみおり舞という。元はプロのバレリーナだったらしい。道理でホンモノの踊りだったわけだ。この人の踊りは一見の価値がある。自分はクラシック・バレエを見慣れているから、踊りの質は判断できる。薦める。



nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

川崎ロック座 [感想]

21:04 2018/03/15

春風に誘われたのか、ストリップを見て来た。写真やDVDを見るのとは違うだろう。ナマの迫力というものがある。

ストリップ劇場は…入りにくい。やっぱり、なんとなく、恥ずかしい。若かりし頃は劇場の周りをウロウロしたものだ。チケットを買うまでが大変だったな。恥ずかしくて、そのまま帰ってしまったこともあったのだ。

行ったのは、川崎ロック座。ここはね、裏通りで人通りが少ない。だから、入りやすい。もっとも最初は劇場が見つからなくてウロチョロしたものだ。

シニア割引で4000円。劇場の中に入ると、案外と客がいる。20人ぐらいいたかな。

ストリップ劇場は客が入らない。家賃未納という劇場もある。賑わうのは、有名AV女優が出演するときぐらいか。そのつもりでいたから、20人もいると、ビックリしてしまう。

ちょうど写真撮影の最中だった。服を着ていた。これで一枚千円とは…。途中から全部脱いだけど。脚上げスタイルや股開きスタイルで撮るのが普通だ。

昔、道後温泉のストリップ劇場で撮ったことがある。家宝にしていたが、写真が褪せてきたし、こちらもいつ死ぬか分からない年齢になったので廃棄した。遺品で見つかったら、やっぱり恥ずかしい。

道後温泉で撮影したその時の踊り子嬢が、明日は別府に行くと云っていたな。道後からどうやって別府へ行くかというと、八幡浜からフェリーに乗る。温泉ストリップ嬢だったのだろう。気のいい人だった。


川崎ロック座に入ったとき写真撮影されていた踊り子嬢は背が高くスタイルが良かった。

女性の裸、写真で見るのと、やはり違う。凸凹があるからね。立体感があり、肉体の柔らかさを感じた。生々しいとはこのことだ。やはり、現物を見るべきだと、つくづく思ったね。

こうなると、触りたくなる、抱きたくなる。欲求を感じましたよ。ストリップ効果があったわけだ。まぁ、感じたところでおしまいで、近くにあるソープへ行く気がまったく起きない。トシだね。

(追記)この時、お客さんがかなりいたのは、みおり舞が出演していたからか。女性客もいたし、固定フアンがいたようだ。

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナタリー・ウッド事件再調査 [感想]

ナタリー・ウッドは1981年に水死したが、ロスアンゼルス郡の捜査当局が、再捜査で、元夫のロバート・ワグナーを事情聴取することを求めているという。

ロバート・ワグナーは事情聴取を拒否しているらしい。

37年前の事件だ。ナタリー・ウッドは水死したが、当時も真相不明と云うことでそのまま忘れられた。

寝た子を起こされた気がする。

ロバート・ワグナーがまだ生きているとは意外だった。87歳か。長命の時代だから生きていてもおかしくない。

こういうことがあると、「ウェストサイド物語」は見る気になれない。マリアを演じたナタリー・ウッドの顔を見たら、この事件を思い出してしまいそうだ。

今年は作曲したバーンスタインの生誕100周年記念で演奏される機会が多くなるのではないか。ヤルヴィ=NHK交響楽団で3月に演奏される。都合で行けないが。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

富士出版写真集「あゝ熟女」 [感想]

1994年の写真集。もう古いが、ヘアヌード初期の当時のものの方が熱気が感じられる。

今年は2018年で、計算すると、24年前の写真集。ひと昔というか、ふた昔だね。

モデルは6人。いずれも仮名で、藤本園子(28歳)、脇田順子(36歳)、松本てる美(31歳)、荻尾望(26歳)、吉見千恵子(40歳)である。

年齢も実際のものではなく、それらしく見える年齢ということだろう。

脇田順子さんというモデルに興味があったから、今ごろになって購入したのだ。写真家の赤石恭生の大学時代の同級生と云うことである。1998年の「熟女コレクション」に登場して気に入ったからだ。

平凡な人妻のヌードが新鮮だった。そのままスーパーに買い物に出かけるような雰囲気に魅せられた。その4年前のこの写真集では全く違う。同一人かと疑ってしまう。平凡な人妻と云うより女子大生風の若妻である。

写真は、同級生と云うことでやや遠慮しているのが物足りない。

刺激度という点では他のモデルがすごい。ポーズも刺激的で、緊縛や大人のオモチャも登場する。撮影も大胆だ。

特に、最後の荻尾望さんは、新婚8ヶ月と紹介されているが、大胆ポーズの連続で、これが新妻かと疑ってしまう。

古いけど、お買い得感がある。



nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

富士出版写真集「熟女ひとり旅」 [感想]

「三十路の女」に登場して人気だった久保千代子さんの写真集。富士出版が多数のモデルが登場するのが普通だが、一人のモデルをとことん撮りまくったものは珍しい。

リクエストが多かったらしいが、富士出版の方針としてモデルの連絡先は控えていない。どうして連絡先がわかったのか不明だが、ともかく連絡がとれ、撮影することに成功する。

「三十路の女」は2001年の出版で、撮影したのはおそらく2000年である。この「熟女ひとり旅」は2006年の出版された。撮影は1年間にわたっているので、2005年の撮影である。

5年という月日は長い。容貌や肢体はやや衰えが見られる。お腹のたるみを見ると、熟女風俗を思い出した。

久保千代子さんの容貌については、鼻筋が通っていて上品な顔立ちなので、好きな人はたまらなく好きになる顔である。

自分としては整った顔は冷たく感じられので好みではない。いわゆるタヌキ顔に親しみを感じる。この写真集の購入を控えていたのもそのためである。


写真家の赤石恭生が書いているが、普段喋っていると平凡な顔に見えるが、いざカメラの前に立つと”女優顔”になるのだそうだ。

それを踏まえて写真を見ると、表情やポーズのつくり方がうまいと思う。

モノクロの写真集のおまけがついている。

この写真集は、モデルは久保千代子さんだけ。興味のない人には勧められない。まず「三十路の女」を購入して、素晴らしい女だと思った人が買うべきものだ。

とはいえ、「三十路の女」は富士出版の目録には見当たらない。絶版になってしまったようだ。古本を探すしかなさそうだ。(アマゾンなどのネットで探すしかない。)

「三十路の女」を眺めていると、久保千代子さんは、顔は整っているが、感じやすい体質であることがよく分かる。身体が興奮していることがありありと出ている。「熟女ひとり旅」の方が修正度合が強い。



nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バレエ「くるみ割り人形」 [感想]

クリスマスの話なので、クリスマス・イブにはこの「くるみ割り人形」である。12月は、こればっかりだ。

オケは「合唱」で、バレエは「くるみ割り人形」。

踊りとしては、第2幕の”雪の国”から以後が見せ場。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自由&平等 [感想]

自由と平等は両立しない。

自由を追求すれば格差は広がる。平等を追求すれば拘束的な社会になる。

どちらも嫌だから、ほどほどに自由、ほどほどに平等、ということしかない。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。